医院情報

2017年10月18日

平成29年10月18日(水)の出勤スタッフのお知らせ

詳細はコチラ

2017年10月17日

平成29年10月17日(火)の出勤スタッフのお知らせ

詳細はコチラ

2017年10月16日

平成29年10月16日(月)の出勤スタッフのお知らせ

詳細はコチラ


ブログ

・院長ブログ
(歯と酒と音楽の日々)

・スタッフブログ(あいはら組)

・グッさんの子育て奮闘記


診療のご案内



マタニティー歯科
初診再初診の問診表
大阪市歯周病患無料検診のご案内


保険外診療のご案内


スタッフ募集

 あいはら歯科・矯正歯科は熱意のある人を探しています。
 仕事に対して前向きで、自分を成長したいと思ってる方が いらっしゃいましたら是非一緒に働いてみませんか?
・スタッフ募集ページへ

オリジナル白衣

白衣つくっちゃいました!
・Dr.あいはら
オリジナルデザイン白衣紹介

サービス登録

・サービス登録ページ!
口腔ケア新聞無料
FAX歯科治療ガイド無料送付

講習会のご案内

・矯正のセミナーのご案内

・居宅訪問診療のススメセミナーの案内

・ミニスクリューによるブブン矯正のススメ(ワイヤーレス)
セミナーのご案内

スマートフォン対応サイト


審美治療

きれいな笑顔を手に入れるには(審美治療)

Q1 どうして歯のつめ物やかぶせ物は銀色なの?
Q2 歯のガタガタを治すには、どうすればいいの?
Q3 歯の隙っ歯を治すにはどうすればいいの?
Q4 歯の着色が気になるんですけど、どうすればいいの?
Q5 昔に入れたかぶせものの境目が黒くなってきています。 つめ物の色も変色しています。どうすればいいんでしょうか?

Q1 どうして歯のつめ物やかぶせ物は銀色なの?
 基本的に日本の医療保険制度では、上の前歯6本、下の前歯6本以外のかぶせ物はJIS規格で決められた金銀パラジウム合金のかぶせで修復することとなっています。このため。もし白いかぶせをご希望でしたら保険適用外にはなりますが、白い材料でかぶせ直すことができますので、いつでもご相談下さい。



白い材料には色んな材料がありますが、選ぶポイントとしては、
①白くて自然な美しさ
②耐久性
③身体への優しさ(虫歯になりにくいとか金属アレルギーの有無)があります

かぶせ物(クラウン)
詳しくは、つめもの(インレー)へ

Q2 歯のガタガタを治すには、どうすればいいの?
A1 審美補綴(歯を削ってかぶせる方法)
歯を削ったり、歯の神経を取ったり、時には歯を抜いたりする必要がありますが、人工の冠をかぶせることにより治療します。
歯の並びだけでなく、色や形もキレイに仕上がります。
(歯を削った場合も、ちゃんとその日に仮歯が入るので、治療中も他人にわかることはありません)



上の前歯のガタガタを改善
セラミック4本で320,000円+消費税
上下の前歯のガタガタを改善
ハイブリッドセラミック6本で
360,000円+消費税
かぶせもの(クラウン)のページへ

A2 プチ矯正(前歯だけの部分矯正)
期間は4~6ヶ月程かかるかもしれませんが、歯を削らずに自分の歯で並べることが出来るのがメリットです。


6ヶ月の治療期間で費用は約400,000円


4ヶ月の治療期間で費用は約200,000円


5ヶ月の治療期間で費用は約200,000円

プチ矯正のページへ

Q3 歯の隙っ歯を治すにはどうすればいいの?
A1 ラミネートベニア(歯の表面を薄く削り、上からラミネートシェルを装着する方法:付け爪のような感じ)により2回で改善できます。 

ラミネートベニアを2枚使用し、2回の治療で費用は160,000円+消費税


A2 プチ矯正 約3~6ヶ月の治療期間はかかりますが、歯を削らずに治療できます。


4ヶ月の治療期間で費用は約200,000円


Q4 歯の着色が気になるんですけど、どうすればいいの?
A1 ホームホワイトニング
患者さんに合ったマウスピースを作って、そこに薬剤を入れて漂白していく方法
歯を全体的に白くすることができます。

White-smile(ホワイトニング)のページへ

A2 ラミネートベニア(歯の表面を薄く削り、上からラミネートシェルを装着する方法:付け爪のような感じ)
歯をあまり削らずにすむ上に、歯の色調だけでなく形・大きさまでキレイに出来ます。

ラミネートを4枚使用し、2回の治療で費用は約336,000円
色調だけでなく、歯の形と大きさも改善できました。


Q5 昔に入れたかぶせものの境目が黒くなってきています。
つめ物の色も変色しています。どうすればいいんでしょうか?


  年齢とともに歯ぐきが痩せてたことによる、歯の根の露出によるものか、冠の中にある芯棒(コア)により歯肉が変色してきたために起こります。
昔の一部の金属の材料で作った金属の土台は、『歯の根の破折』や『歯や歯ぐきの黒ずみ』を生む原因となります。芯棒を最新の材料に変えて(ファイバーコアなど)冠のやり変えをおすすめします。

芯棒と、かぶせ物をやり変えて、つめ物の樹脂もつめ直しました。


前歯の冠も保険適用の白い冠(レジン前装冠)だと歯磨きや食事により摩耗し、色を吸収しますので(レジンはプラスチック)、経年的に変色してきます。


この変色を目立たなくするためには、冠を作り変えれば改善しますが、保険の冠だと数年後また同じことが起こります。 前歯の見えるところなので、気になられる方はセラミックの冠をおすすめします。

│   TOP   │   HOME   │